マドマスターALC・RCリード〈スタンダードモデル〉

cp_mark
納まり図
  • 先付
  • ALC/RC住宅用
  • 電動
  • 手動
  • 防犯仕様
画像
  • ALC住宅、RC住宅専用
  • 新築住宅専用、先付タイプ
  • シャッター枠をサッシに取り付ける一体感のある納まり
  • スタンダードなスチールスラット
  • 電動タイプ、手動タイプをラインアップ

一般シャッターの場合

本製品の場合

shutter

カラーバリエーションケース、スラット等の色は異なります。
型番 B1
ブロンズ〔B1〕
B3
ビューブラウン〔B3〕
B4
シェイクブラウン〔B4〕
T3
ブラック〔T3〕
ブロンズBA/アルミ形材 ビューブラウンBE/アルミ形材 シェイクブラウンBF/アルミ形材 ブラックTA/アルミ形材
ケース スポットブラウン/カラー鋼板 ビューブラウン/カラー鋼板 スポットブラウン/カラー鋼板 ナイトブラック/カラー鋼板
スラット スポットブラウン/カラー鋼板 ビューブラウン/カラー鋼板 スポットブラウン/カラー鋼板 ナイトブラック/カラー鋼板
型番 W1
ホワイト〔W1〕
U4
ステンカラー〔U4〕
S1
シルバー〔S1〕
 
ホワイトWA/アルミ形材 ステンカラーUB/アルミ形材 シルバーSA/アルミ形材  
ケース シルキーホワイト/カラー鋼板 ビューステン/カラー鋼板 シルキーホワイト/カラー鋼板  
スラット シルキーホワイト/カラー鋼板 ビューステン/カラー鋼板 シルキーホワイト/カラー鋼板  

※スラット色がホワイト(シルキーホワイト/カラー鋼板)の場合、室内側の色はベージュとなります。

製品仕様
操作タイプ
電動HA+ワイヤレス、電動HA、
電動ワイヤレス、電動標準、手動ワイドレバー、手動標準
使用対象
ALC造、RC造
各工法とも地上3階以下 連窓の時は2階まで
(連窓のシャッター開口Wが4000mmを超える
場合は1階まで)
部材仕様
主要部材 スラット カラー鋼板
シャッターケース ケース材 カラー鋼板
化粧キャップ AES樹脂
外枠、ガイドレール、
下枠、幅木
アルミ形材
電動機構 モーター 使用電圧…AC100V
     (50/60Hz)
消費電力…35W
定格出力…7.5W
※モータは外観右側になります。
ワイヤレス押しボタン
スイッチ
使用電池…コイン形リチウム電池
     CR2450型×1個
到達距離…10m
適応サッシ
ALC用サッシ、RC用サッシ
※但し特殊なサッシおよび網戸出寸法が
 36mmを超えるものを除く。
※土間納まりには対応していません。
耐風圧強度
単窓…800Pa(負圧):地上3階まで
連窓(シャッター開口W≦4000)
  …600Pa(負圧):地上2階まで
連窓(シャッター開口W>4000)
  …400Pa(負圧):1階のみ
機能一覧
操作タイプ 電動 手動
type-02 type-03 type-04 type-05 ワイド
レバー
手動
安心 錠(幅木) 施錠/自動 解錠/自動 施錠/自動
解錠/手動※1
補助ロック モーターロック※2 ※1
(レール補助錠)
学習機能付開閉機
フック付スラット
障害物感知 ◯負荷感知式
停電時手動操作
耐風圧 単窓 負圧800Pa 連窓※3 負圧400Pa 負圧600Pa 単窓
負圧800Pa

連窓※3
負圧400Pa
負圧600Pa
便利 スマートフォン操作
タイマー機能
一斉機能
グループ操作
ワイヤレススイッチ操作
ワイヤレス
タイマースイッチ
壁スイッチ操作
タイマースイッチ
遠隔操作
複数操作
一斉操作
HEMS連携
HAシステム対応

○標準 △ オプション □マドマスタータップBAの場合のみ標準
※1 マドマスターALC・RCリードBAのレール補助錠は施解錠ともに手動です。
※2 モーターロック機構は通電時のみ作動します。
※3 連窓(シャッター開口W>4000)…400Pa、連窓(シャッター開口W≦4000)…600Pa

function_op_01

本製品をご採用の際は、サッシおよび、サッシの納まりを以下のようにしてください。

danmenzu_01.png

  • 下図X1寸法が12~15mmのサッシが使用できます。
  • 下図X2寸法が10±3mmとなるようにサッシを納めてください。
  • 下図X3寸法が50mm以上となるようにサッシを納めてください。
  • 下図X4寸法が55〜60mmとなるようにサッシを納めてください。
  • (網戸が付く場合)網戸の出寸法がサッシ外面より36mm以内のサッシが使用できます。
注)
本製品の施工時期はサッシ取り付け完了後、サッシまわりのトロ詰め前に枠部材を取り付け、開口まわりのシーリング後に本体取り付けとなります。
設計範囲
area

HA+ワイヤレスの製作許容範囲

area

ワイヤレスの製作許容範囲

area

HAの製作許容範囲

ma_tap_area_01 ma_tap_area_02 ma_tap_area_03 ma_tap_area_04

※〈連窓〉のS開口Wは、シャッター開口が左右均等割り時のものです。
注1 防犯仕様(BAシリーズ)は連窓不可。

PAGE TOP