安全オプション

水圧開放装置 ジェットパワー

万一火災等の非常事態が発生して停電した場合に、電動シャッターを迅速に開放するための装置です。消防隊のホースを給水口(送水口)に連結して放水することによって非常電源装置を作動させ、シャッターを開放するシステム。シャッターをガス切断機やエンジンカッターなどで破壊することなくすばやく開放できるので、スピーディな消火・救助活動が行えます。




<性能>
(財)日本消防設備安全センターの定める「シャッター等の水圧開放装置の試験方法及び判定基準」に適合し、水圧が0.2MPaを超えてから30秒以内に解錠します。
<注意>
上記水圧は試験値であり、実際の作動水圧はノズルの形状や放水の仕方で変わります。なお試験は上記基準に則り、0.008~0.01MPa/sで加圧上昇させた放水で行っています。

(財)日本消防設備安全センター
性能評定番号 評14-134号 蓄電池設備認定委員会認定 12S2034

水圧解錠装置

万一、火災等が発生した場合に、外部から消防放水の水圧で手動シャッターを開放する装置です。シャッターを破壊することもなく、素早く開放できるので、敏速な消火・救助活動が行えます。(W≧1.0m 以上)

<性能>
(財)日本消防設備安全センターの定める「シャッター等の水圧開放装置の試験方法及び判定基準」に適合し、水圧が0.2MPaを超えてから30秒以内に解錠します。 <注意> 上記水圧は試験値であり、実際の作動水圧は、ノズルの形状や放水の仕方で変わります。なお試験は上記基準に則り、以下の方法で行っています。
  • 水圧はノズルの直近で測定する。
  • ノズルは、呼称19のストレートノズルを用いる。
  • 放水は、ノズルを注水口から50mmの距離で注水口に直角に向け、0.008〜0.01MPa/sで加圧上昇させて行う。
(財)日本消防設備安全センター
性能評定番号 評13-053-1号
性能評定番号 評13-054-1号
性能評定番号 評13-055-1号