〈フラットピット〉は、6つの「S」で夢のガレージライフを実現します。

Safety(セーフティ)

きめ細かい安全性への配慮

独自のパネルジョイント構造により、パネル部に隙間ができないほか、
アルミ製フルカバーのガイドレールがローラ駆動部での指挟みを防止しています。
パネル降下中の挟まれ事故を防ぐために、<光電センサ式>の障害物感知装置を標準装備。
きめ細かな安全性への配慮を施しています。

フラットピット防火設備仕様は標準仕様と装備が異なります。
仕様をご確認の上、ご採用・ご使用をお願いいたします。

隙間のないパネルジョイント

パネルの連結部は、独自のパネルジョイント構造により、隙間はごくわずか。屋外側から指を挟む心配がありません。

業界初のアルミ製フルカバーのガイドレール

アルミ製カバーを装備したガイドレールにより、レールとパネルの隙間に指が入りにくい構造です。

※防火設備仕様はスチール製のカバーです。

 

2重の障害物感知装置

<光電センサ式>障害物感知装置を標準装備。フラットピットが降下中に、光電センサが障害物を感知すると、反転し上昇、全開にて停止します。床面から50cm、15cmの高さに設置します。

※車種または停止位置によって、光軸が遮られない場合があります。
※障害物の形(棒や格子状の物)、大きさ、位置、色(透明色など)によっては、光軸が遮られず感知できない場合があります。
※床面反射率(大理石、水たまりなど)が高いものや直射日光がセンサレンズ面に当たる場合、光の影響を受け、センサが正しく作動しない場合があります。