進化のポイント

制御盤を本体に内蔵

配線不要で制御盤や配管のほこり溜まりも軽減。

従来、製品本体と別に設置していた制御盤をボックス内部とレールに内蔵したことで、壁面の取付スペースが不要となりました。また、配線・配管工事も不要で、工期の短縮につながります。

コンパクトな納まり

レール、ケースともに業界最小寸法。既存製品からの取替需要に対応。

<マジック>は外付けモータが「チューブラモータ」に、カウンターウェイト方式が「巻取バネ方式」になり、取付スペースが小さくなりました。メンテナンススペースの確保や、大きな間口に対応する製品へのリニューアルなど、スペースの有効活用ができます。

楽々メンテナンス

ボトムシートが取外し可能。清潔な環境を維持。

マジックテープで取外しができるボトムシートを開発。また、点検口をケースに設置することで、メンテナンスが簡単に行えます。

PAGE TOP