高気密設計

躯体部とレール部を密着させ、さらにガイドレールとガイドシールにより、ガイドレール部からの空気の洩れを防ぎ、気密性を高めています。

気密性能データ(圧力差 10〔Pa〕時の通気量)
タイプ名 通気量(㎡/h・㎡)
ビード 正圧 3.2
負圧 3.5
マジック 正圧 10.3
負圧 7.9
マジック[M3] 正圧 46.54
負圧 47.40
ピコモ 正圧 35.71
負圧 11.05
※当社試験実測値

高耐風圧設計

緩衝スプリングにより、風圧に柔軟に対応できる設計です。

PAGE TOP